ラッセルホブス コードレス ケトル 3122JP
(Russell Hobbs Cordless Electric Kettle)

あっという間に沸いて、テーブルにそのまま置けるイングリッシュテーストのお洒落な電気ケトルです。
日本ではケトルといえばガス火にかけるタイプや電気ポットが一般的ですが、欧米では電気ケトルが主流です。
使ってみるととっても便利で、電気ポットはもう要らないかも・・・

ラッセル・ホブス コードレスケトル3122JP
定価 16,800円(税別)
購入/見積仕様 容量:1.7リットル
沸騰時間:約8分20秒(1.7L)
自動電源OFF機能
素材:ステンレス(本体)
サイズ:W21.5×D19×H25cm(本体)
W21.5×D19×H27cm(パワーベース設置時)
重さ:1kg(本体)
製造:イギリス製

熱源はこのオプティック・ディスク・エレメントです。この新しいヒーターは従来のものと違い、水を直接温めて沸かす方法が特徴です。そのため一般的な電気ジャーポットと比べても約半分の時間で沸騰します。
持ち運びが自由なコードレスタイプで、底部は過熱されませんので、沸騰した直後でもテーブルに置くことができます。また、今までガスレンジのあるキッチンでしか使うことのできなかったケトルが、リビングをはじめ、コンセントのある部屋ならどこへでも持ち込んで使用することができるなど、使い勝手のよさがあります。
水を満たしてスイッチを入れるだけでOK、沸騰すれば自動的に電源が切れ、沸かしすぎたり完全に沸騰しなかったりする心配がありません。